引け後発表の【個別銘柄】NEWS

5日引け後の適時開示情報によると、学情<2301>は17年10月期に単体営業利益16.6%増を見込み4円増配予定。ティーライフ<3172>は17年7月期第1四半期(16年8-10月)の連結決算で営業利益27.6%増となり、中間期・期末に記念配当を付与。小林産<8077>は16年10月期の連結業績予想を上方修正した。

セレス<3696>、バリューHR<6078>は東証1部に指定された。キーエンス<6861>は1対2の株式分割を実施するとともに株式売出しも発表している。リボミック<4591>はアプタマーを用いた革新的な抗体精製技術の実用化に向けてイーベック(北海道札幌市)と共同研究契約を締結。GTS<4584>は持田薬<4534>とがん治療領域のバイオ後続品(バイオシミラー)における共同事業化契約の締結を決め、JSR<4185>との資本・業務提携および第三者割当による新株式発行も明らかにしている。

株の窓口THE相場勘 ~FOMC・ECB理事会に注目~

多くの指標が高値警戒感を示していましたので、上げるにも下げるにも理由が欲しかった・・・ということの表れでしょうか。
本日は、金曜日の「株の窓口THE相場勘」の予想通り
(参照;http://blog.kabunomadoguchi.tokyo/referendum-in-italy/#more-697)、12月4日・イタリア国民投票を理由に日経平均が下げたとの報道が目につきました。

ここ数日、日経平均は高止まりしていました。また、市場が停滞・横ばいで推移している際に参考にすると良いとされるRSI(※)が、11月30日に90台を付けていたことから、当社・会員の皆様は毎朝「株の窓口・朝刊」で送られてくる指標を見て、本日の動きは予測できていたのではないでしょうか?

今週末はメジャーSQ、来週末は米国メジャーSQが控えていますが、今後の注目は来週のFOMC(議長会見)とECB理事会。 “株の窓口THE相場勘 ~FOMC・ECB理事会に注目~” の続きを読む

本日のレーティング

■調査機関が投資判断を最上位で継続し、かつ目標株価を引き上げた銘柄【最上位を継続+目標株価を増額】

銘柄          機関    格付    目標株価
東ソー <4042>      日興    強気    840→1000
大陽日酸 <4091>     日興    強気    1220→1400
三菱ケミHD <4188>   日興    強気    940→1040
積水化 <4204>      日興    強気    1770→1950
日立化 <4217>      日興    強気    2730→3000
塩野義 <4507>      三菱UF  強気    7000→8000
ライオン <4912>     三菱UF  強気    1810→2000
太平洋セメ <5233>    みずほ   買い    370→420
マキタ <6586>      UBS   買い    7700→8700
NEC <6701>      GS    買い    400→430
富士通 <6702>      GS    買い    690→770
日立国際 <6756>     みずほ   買い    2000→2800
日本取引所 <8697>    GS    買い    1850→1900
ファストリ <9983>    JPモル  強気    40000→42500 “本日のレーティング” の続きを読む

英紙「エコノミスト2017」表紙

今日も出社前に銀杏狩り!「靖国神社」見頃ですよ。とてもきれいですね。お参りして出社! さて話は変わりますが、昨夜の「やりすぎ都市伝説」見入っちゃいました(^^)年末の特番も楽しみです! 関連して英紙「エコノミスト」2017年度の表紙です。何かと話題になるこの表紙ですが、2017年はガラッと変わりましたよ!手元に届きましたらまた色々ご報告しますね。

887d50600ab5ef0e5d12edaaf4eaa6fe 8ae4efa143d92aa560a0e809b6ee4dfe mag20160110-2img_3331

株の窓口THE相場勘 ~今週末の注目ポイント~

OPECの合意を受けて引き続き、金融・エネルギー銘柄が強い中、ドル円が円高に進んだことから売られる銘柄が多かったものの、日経の動きは静かなものでした。

本日は週末と言うことや、今晩の米「11月非農業部門雇用者数変化(前月比)/失業率/平均時給」発表を控えており、様子見ムードが高かった影響もあるでしょう。
投資家にとって米・雇用統計の発表は毎月、注目度の高い指標で、市場への影響が大きいと言われています。
雇用統計の発表は、12月14日(水)米・FOMC終了後に発表される政策金利がどうなるかの道しるべになるでしょう。

昨晩発表された米国経済指標は
・米ISM製造業景況指数・・・11月は5ヶ月ぶりの高水準、新規受注好調
・米失業保険申請件数・・・解雇も少なく5ヶ月ぶりの高水準
・米製造業PMI11月改定値・・・新規受注は去年3月以来の高さ
・米10月建設支出・・・金額は7ヶ月ぶり高水準
と、いづれも米経済が堅調であることを示す内容で、現在は利上げの見方が強いとされているようです。 “株の窓口THE相場勘 ~今週末の注目ポイント~” の続きを読む

本日のレーティング

■調査機関が投資判断を最上位で継続し、かつ目標株価を引き上げた銘柄【最上位を継続+目標株価を増額】

銘柄          機関    格付    目標株価
日揮 <1963>       みずほ   買い    2100→2300
SUMCO <3436>    メリル   買い    1320→1580
ニチアス <5393>     みずほ   買い    1050→1270
東京綱 <5981>      岩井コスモ   A     2200→2600
TOWA <6315>     岩井コスモ   A     1100→1600
ミネベア <6479>     モルガン  強気    1300→1450
ミツミ <6767>      モルガン  強気    767→855
クラリオン <6796>    三菱UF  強気    370→480 “本日のレーティング” の続きを読む

引け後発表の【個別銘柄】NEWS

引け後は、三井ハイ<6966>が17年1月期連結利益予想および配当予想を上方修正。キタック<4707>は17年10月期単体業績予想で2ケタ増益を見込んでいる。巴工業<6309>は16年10月期の連結利益予想を引き上げた。ユナイテッドアローズ<7606>は11月度の既存店で増収を達成。アダストリア<2685>も増収を確保した。

ロックフィル<2910>は17年4月期第2四半期で連結営業益42%増を達成し、モロゾフ<2217>は17年1月期第3四半期の単体決算で営業黒字を確保。日駐<2353>の17年7月期第1四半期は連結営業益が約4倍となった。クリムゾン<2776>は17年1月期第3四半期の単体決算で赤字幅が縮小している。 “引け後発表の【個別銘柄】NEWS” の続きを読む

昨晩の海外指標と本日のスケジュール

■主なスケジュール
【国内】
・8:50 11月マネタリーベース

【海外】(時間は日本時間)
・22:30 米11月雇用統計

■12月1日の米国株式市場、NYダウ3日続伸し史上最高値を更新、ナスダック続落
・NYダウ 19191.93(+68.35)
高値 19214.30
安値 19138.79
・ナスダック総合指数 5251.107(-72.574)
・S&P500 2191.08(-7.73)
・シカゴ225先物清算値(期近物・円建て)
CME  18440
大阪終値 18400 “昨晩の海外指標と本日のスケジュール” の続きを読む