本日のレーティング

■【投資判断を最上位で継続し、かつ目標株価を引き上げた銘柄【最上位を継続+目標株価を増額】

銘柄          機関    格付    目標株価
ヤクルト <2267>     三菱UF  強気    9300→9600
TIS <3626>      三菱UF  強気    6000→6100
協和キリン <4151>    みずほ   買い    3150→3450
ロート <4527>      野村    買い    4200→4300
太陽誘電 <6976>     三菱UF  強気    4000→4200
三井不 <8801>      日興    強気    3100→3300
日賃貸 <8986>      野村    買い    10.8万→10.9万

■調査機関が投資判断引き上げた銘柄【格上げ】

銘柄          機関    格付    目標株価
シップHD <3360>    みずほ   中立→買い 4000→5000
太平洋セメ <5233>    野村    中立→買い 4200→5200

※本日、格下げの発表はありませんでした。

引け後発表の【個別銘柄】NEWS

■ミタチ産業<3321>、19年3月期の連結営業利益は前期比29.0%減の6億5000万円(従来予想は5億円)に
■島精機<6222>、上限100万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合2.74%)、40億円の自己株式取得を発表
■アドベンチャ<6030>、海外ブランド衣料雑貨、服飾雑貨の輸出入や販売を手掛けるギャラリーレア(大阪府大阪市)を子会社化
■ワットマン<9927>、10月の既存店売上高は前年同月比1.8%減
■JT<2914>、10月の紙巻販売数量は前年同月比35.1%減
■イオンファン<4343>、10月の既存店売上高は前年同月比12.5%減
■医学生物<4557>、希望退職者の募集にともない特別損失を計上、19年3月期の連結純損益は6100万円の赤字(従来予想は1億5000万円の黒字)に
■フコク<5185>、19年3月期の連結営業利益は前期比2.7%増の29億円(従来予想は32億円)に
■永大化工<7877>、株主優待制度を変更

本日のレーティング

■【投資判断を最上位で継続し、かつ目標株価を引き上げた銘柄【最上位を継続+目標株価を増額】

銘柄          機関    格付    目標株価
国際石開帝石 <1605>   野村    買い    1520→1570
大豊建 <1822>      いちよし  A     6500→6700
クラレ <3405>      野村    買い    1870→2000
ケネディ商業 <3453>   野村    買い    28.4万→29.6万
ユーザベース <3966>   日興    強気    4060→4100
日産化 <4021>      岩井コスモ   A     6330→6650
電通 <4324>       野村    買い    7100→7300
ソラスト <6197>     いちよし  A     1400→1700
Jエレベータ <6544>   日興    強気    1360→2420
朝日インテク <7747>   UBS   買い    6000→6100
九州電 <9508>      三菱UF  強気    1520→1570
日本空港ビル <9706>   ドイツ   買い    6178→6200 “本日のレーティング” の続きを読む

引け後発表の【個別銘柄】NEWS

■レカム<3323>、19年9月期は連結営業利益82.7%増を見込み期末増配も
■JESHD<6544>、東証1部市場変更記念の株主優待実施へ
■北の達人<2930>、株主優待制度を拡充
■キャンバス<4575>、CBP501フェーズ1b試験の用量漸増相に関するデータの中間とりまとめで良好な内容と判断
■宝印刷<7921>、海外翻訳事業会社の株式取得・子会社化へ
■GATECH<3491>、クラウドファンディング業・貸金業の子会社Renosy Finance(東京都渋谷区)設立へ
■ディアライフ<3245>、マンション開発用地を取得
■アーバネット<3242>、販売用不動産2件の売却を決定
■極楽湯HD<2340>、16日午前8時45分に東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」にて自己株式を買付け
■日本乾溜<1771>、19年9月期は連結営業利益39.3%減を見込む、中期経営計画策定も
■日総工産<6569>、株式売出しの一方で自社株買い
■正興電機<6653>、東証1部指定承認、新株式発行および株式売出し
■主な月次発表=ファンコミ<2461>、Jフロント<3086>、大光<3160>、ダイキアクシ<4245>、エイジス<4659>、パーク24<4666>、スクロール<8005>、高島屋<8233>、松屋<8237>、アニコムHD<8715>、ベルーナ<9997>

昨晩の海外指標と本日のスケジュール

■主なスケジュール
【国内】
・ 8:50 週間の対外対内証券売買契約
・12:00 10月首都圏新規マンション発売
・5年国債入札

【海外】(時間は日本時間)
・10:30 中国10月の70都市住宅価格
・22:30 米11月NY連銀製造業景気指数、米10月小売売上高、米11月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、米10月輸出入物価、米週間の新規失業保険申請件数
・インドネシア中銀政策金利発表
・メキシコ中銀金融政策決定会合
・ブラジル市場休場
・決算発表=アプライド・マテリアルズ、エヌビディア、ウォルマート “昨晩の海外指標と本日のスケジュール” の続きを読む

本日のレーティング

■【投資判断を最上位で継続し、かつ目標株価を引き上げた銘柄【最上位を継続+目標株価を増額】

銘柄          機関    格付    目標株価
ケネディクス <4321>   三菱UF  強気    950→1050
塩野義 <4507>      Cスイス  強気    7200→8500
小野薬 <4528>      Cスイス  強気    3300→3500
東京精 <7729>      野村    買い    4419→4517
朝日インテク <7747>   野村    買い    5400→5700
前田工繊 <7821>     東海東京  強気    2700→3200
バンナムHD <7832>   三菱UF  強気    5550→5670
サンフロ不 <8934>    三菱UF  強気    2500→2900
Jパワー <9513>     JPモル  強気    3580→3760 “本日のレーティング” の続きを読む

引け後発表の【個別銘柄】NEWS

■日本郵政<6178>、19年3月期の連結経常利益予想を6600億円から7300億円(前期比20.3%減)に上方修正。
■イクヨ<7273>、19年3月期の連結営業利益予想を4億4500万円から8億4500万円(前期比64.3%増)に上方修正。
■チタン工<4098>、19年3月期の連結営業利益予想を2億3000万円から5億1000万円(前期比6.8倍)に上方修正。
■TYK<5363>、19年3月期の連結営業利益予想を26億5000万円から31億8000万円(前期比20.8%増)に上方修正。
■AMBITI<3300>、19年6月期第1四半期(18年7-9月)の連結営業利益は2億7200万円(前年同期は5000万円の赤字)で、上期予想の3億1100万円(同900万円)に対する進ちょく率は87.5%。
■フジコピ<7957>、18年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結営業利益は4億5400万円(前年同期比2.1倍)で、通期予想の5億円(前期比39.7%増)に対する進ちょく率は90.8%。
■かんぽ生命<7181>、19年3月期の連結経常利益予想を2200億円から2600億円(前期比15.9%減)に上方修正。
■マイクロニ<6871>、上限7億2000万円、100万株(自己株式を除く発行済株式数の2.57%)の自社株買いを実施すると発表。
■Abalan<3856>、19年6月期第1四半期(18年7-9月)の連結営業利益は2億8200万円(前年同期は1億3800万円の赤字)で、上期予想の1億8000万円(前年同期比77.3%減)を超過。
■主な決算発表=キャンディル<1446>、アジアゲート<1783>、林兼<2286>、夢真HD<2362>、あいHD<3076>、うるる<3979>、オプンハウス<3288>、サンマルクH<3395>、大日精化<4116>、電通<4324>、沢井製薬<4555>、日ペイントH<4612>、昭シェル<5002>、出光興産<5019>、東海カ<5301>、シンニッタン<6319>、CKD<6407>、キトー<6409>、ゆうちょ銀行<7182>、サイバダイン<7779>、大塚家具<8186>、みずほ<8411>、T&DHD<8795>、学研HD<9470>
■主な業績修正=中央ビルト<1971>、リニカル<2183>、ソリトン<3040>、すかいらーく<3197>、クロスマーケ<3675>、アエリア<3758>、ビーグリー<3981>、児玉化<4222>、サンエー化研<4234>、UFHD<4235>、森六<4249>、スカラ<4845>、ツバキナカ<6464>、シライ電子<6658>、パルステック<6894>、ワタミ<7522>、ラオックス<8202>、スルガ銀<8358>、ラ・アトレ<8885>、イーレックス<9517>
■主な月次=アトネイチャ<7823>

株の窓口THE相場勘

昨晩の米国市場ではNYダウが3日続落し、下げ止まりの動きが見られない形でした。昨晩は中盤に買いが集まる場面も見られましたが、WTI価格の下落を嫌気した売りが株式市場にも広がりました。

WTI価格に関しては、イランの生産に対する懸念は払拭されたものの、現在のWTI価格に関して、産油国が減産の可能性を見せたことで相場反転の動きを見せたものの、昨晩発表のOPEC月報により2019年の需給見通しを若干下方修正したことや米国のシェールが増産していることで、需給面の懸念に価格が反応する形となりました。

とは言え、サウジとロシアがしっかりと減産することを決定すれば、2019年に需給が逼迫する可能性もあり、12月のOPEC総会に向けて様々な思惑も出やすいことから、悲観しすぎる見方は時期尚早かもしれません。

米・長期金利については、昨晩は若干低下をしたものの、金利と株価の相関関係に崩れも見られます。とは言えインフレ圧力が高いのも事実であることから、FRBの利上げについての見方や今後の金利動向には十分注意した方が良さそうです。